人はなぜ働くのか

こたパパ@全国100年老舗節約グルメ旅人です。

 

今日は「人はなぜ働くのか」についてのお話。

 

以前、「サントリーオールドのCM」という記事を書かせていただいたが、昔からサントリー各種商品のCMは質が高いことでよく知られている。最近でこたパパが少し気になっていのが「サントリーBOSS」のCMである😄。

 

このCMは、ハリウッドの有名俳優であるトミー・リー・ジョーンズ氏が長年出演されており、少しコワオモテの彼がコミカルな役を演じることで2006年からシリーズ化されているのだが、81作目となる最新CMでは、滅多に地上波やCMに出演されることのない中島みゆきさんも「宇宙大統領」役で出演されているのだ😲。

 

このCMのテーマは「なぜこの惑星の住人はこれほどまでに働くのか」である。もちろん「何を馬鹿なことを今更」という反応がほとんどだろう。石器時代から社会がここまで発展してきたのは、人が「働く」ことが源泉となっていたに決まっているからだ🤨。

 

ただ、こたパパはこのCMが言いたいことは「働く」ということよりも、仕事への取り組み方が「mustかwillか」ということではないかと感じたのだ😃。

 

例えば、自分が働かなければどうなるかという問いに対し、「お金が無くなって暮らせない」と感じるのであれば、仕事にmust(強制)感が強く、「使命感ややりがいが奪われる」と感じるのであれば、will(自己意思)感が強いということである😐。

 

大抵の方はこの両方を感じられるのだろうが、問題はその割合である。以前、「今日の仕事は楽しみですか」という記事内でも少し触れたのだが、日本人の会社帰属意識や仕事への熱意(ワークエンゲージメント)は何と世界最低水準である。これは仕事に対して、かなりmust感(いやいや感、しかたなし感)が強いことを意味している😥。

 

外国人が来日した時、多くのサラリーマンがみんな暗い顔や無表情で歩いていることに驚くというが、この日本の閉塞した労働環境も、日本の労働生産性が極めて低いこともおそらく無関係ではないだろう😫。

 

自分が心からやりたいことを仕事にされて暮らしている方は、どのくらいの割合でおられるのだろうか?こたパパがパッと頭に浮かぶのは、芸人さんやデザイナー、ミュージシャン等自営業の方中心なのだが、それだけで生活が成り立っておられる方は恐らく少数派だろう😓。

 

もちろんサラリーマンでも、自分の仕事が好きでやりがいと熱意をもって取り組んでいる方もおられるだろうが、こたパパの周りを見る限りではmust感で一生懸命な方が多いのが実態だ😅。

 

こたパパは就職活動時、特にやりたいこともなかったので、あまり深く考えず当時安定しているだろうと思われた企業に入社したのだが、全国転勤も多く、どちらかといえばやはりmust感が強かった時期が長い。(結構自由にさせてもらったので後悔はあまりしていないのだが・・)😜

 

ただこのCMの通り、もし何か月も働かなければ人はどんな心境になるかについては2分間のロングバージョンがネット上(サントリー公式チャネルyoutube)にあるので、ぜひ確認して頂きたいと感じた、こたパパである😉。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる