飴屋六兵衛本舗


こたパパ@全国100年老舗節約グルメ旅人です。

 

今回ご紹介するお店は、飴屋六兵衛本舗 さん。

 

JR函館本線の小樽駅前から伸びる中央大通りを運河方向に500mほど直進し、色内2丁目交差点を左折して色内大通りを200mほど進んだ一つ目の信号交差点をさらに20mほど進んだ小さな小路を右折したところに、レンガ色の小さなお店を構えるのが、飴屋六兵衛本舗である😀。


お店正面には小さな屋台が設置されており、晴れた日にはこちらに商品を並べて販売されているのだが、こたパパ訪問時直前まで小雨が降っていたため、店内販売となっていたのだ😥。

 

ただ、入口を入ると、「店内」というよりは「事務所」そのものといった感じなのだ。


実際の商品は、入口すぐ左横の小さい陳列棚にあるのみなのだ😆。


女将さんにお薦めを聞いたところ、代表商品は「雪たん飴」という商品とのこと。小樽はその昔石炭の積出港としても栄えたのだが、この商品は6代目がその石炭に雪が降り積もっている様子を表現した飴だそうだ😄。

 

これは会社のお土産に丁度良いなぁということで、今回こたパパは「雪たん飴(300円)」を2袋購入させて頂いたのだ😝。


切ってみた感じ。原料は甜菜糖、水飴、練りあんのみというシンプルさ。この飴は全て手作りで、飴切りばさみで手切りなのだ。そのため、大きさや形は微妙に異なっているのだ😁。


女将さんは、こたパパと小太郎が「100年老舗節約グルメ旅」をしていると知ると、色々な種類の飴をたくさんプレゼントして頂いたのだ。有難いことである😌。


このお店は大正7年創業となっているのだが、もともと富山の方で飴売りをされていて、明治24年になって3代目が小樽に来られてからも飴を作られているので、実際の歴史は相当古いのだ。

 

また、偶然にも苗字は「飴谷さん」とどこまでも飴に縁があるお家なのだ。これからも、「手作りにこだわられた飴」を作り続けてほしいと感じた、こたパパである😉。


 

店名:飴屋六兵衛本舗
創業:1918年(大正7年)
住所:北海道小樽市色内2-4-23
電話:0134-22-8690
営業:9:00~17:00
定休:日祝日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる