小樽新倉屋


こたパパ@全国100年老舗節約グルメ旅人です。

 

今回ご紹介するお店は、小樽新倉屋 さん。

 

前回ご紹介した澤の露本舗さんからわずか50mほど。花園銀座商店街に入ると、道路沿い右手にお店を構えるのが、小樽新倉屋である。こちらは「花園本店」になるのだが、実は小樽市内にもう一つ工場と本社機能を持った「総本舗」というお店もあり、こたパパはどちらに行くべきか迷っていたのだ。澤の露本舗さんのご主人から、花園本店が「お店発祥の地」と聞かされたので、こちらを訪問させて頂いたのだ😄。


店内は思ったより奥行きがあるのだ😃。


入口右手の陳列棚には、単品系のどら焼きや各種お饅頭、羊羹などが陳列されているのだ😆。




入口左手のショーケース内には、各種商品の詰め合わせが陳列されているのだ😆。



小さな冷蔵ケース内には、水ようかんや生クリームぜんざい等もあるようだ😁。


お店の方に代表銘菓をお伺いしたところ、「花園だんご」とのこと。お店一番奥のショーケース内には、各種「花園だんご」が整然と陳列されていたのだ😝。



そしてこの「花園だんご」賞味期限はなんと「当日中」なのだ😲。


なかでも、しょうゆとごまが人気商品だとのことだった。幸いこのお店には本格的なイートインスペースが設けられていたので、こたパパは今回「花園だんご(しょうゆ、胡麻:各108円)」を1本ずつ店内で頂くことにしたのだ😜。


届いた商品がこちら。食してみると、しょうゆはいわゆる「みたらし系」なのだが、粘度が強く、甘みよりもしょうゆの味が少し強いかな。胡麻はその風味がストレートに伝わる。美味しさと価格の安さがアンバランス」と言えるほど美味い。そして両商品ともお餅が非常に柔らかいのだ😋。


これなら、残りの黒あん、白あん、抹茶あんも注文しておけばよかったなぁ😅。そもそも「花園だんご」は、小樽市内の花園公園(現小樽公園)が花見の名所で、団子を販売していたことが由来だそうだが、戦後数軒取り扱っていたお店も、小樽市内では現在このお店だけになったそうだ😃。

 

これからも、この伝統ある「花園だんご」の歴史を守り続けて頂きたいと感じた、こたパパである😉。


 

店名:小樽新倉屋
創業:1895年(明治28年)
住所:北海道小樽市花園1-3-1
電話:0134-27-2121
営業:9:30~18:00
定休:無休

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる