澤の露本舗


こたパパ@全国100年老舗節約グルメ旅人です。

 

今回ご紹介するお店は、澤の露本舗 さん。

 

JR函館本線の小樽駅前を走る国道5号線を南小樽駅方向に550mほど進み、稲穂1-11交差点を左折して200mほど進むと、道路沿い右手の花園銀座商店街入口前に、本当に小さな間口のお店を構えるのが、澤の露本舗である😄。


入口左手には、小さなテーブルと傘立てが設置されているのだ😃。


入口右手には、大正時代のそろばんや先代が使われていたキセル等、歴史感を感じる品々が展示されているのだ😆。



入口正面にあるシンプルかつ小さなショーケース。実はこのお店で販売されているのは「澤の露」という水晶あめ玉一品のみなのだ😲。

 

小さな店内に一品展示というシンプルさを見て、この時こたパパは「あるお店」を思い出していたのだ。それは福井県あわら温泉にある、御菓子司 浅野耕月堂さんである😜


「黒地に金文字」というこの箱が欲しかったので、こたパパは今回、一番小さな箱付きの「澤の露(500円)」を一つ購入させて頂いたのだ😝


箱の中には商品説明書きが同封されているのだ。以前は「水晶玉」という名前だったんだな😃。


透明感のある美しい商品である。少し「カンロ飴」にも似ている。そういえば、傘立て底部にもこの商品のの模型が敷き詰められていたなぁ🤔。

 

実はこの商品には、一般的によく使われる水飴が一切使われておらず、また着色料や保存料も未使用である。砂糖とレモンのみで仕上げられているのだ。食してみると、さわやかなレモンの香りと砂糖の優しい甘みが広がる美味しい飴である😋。


まだ非常に若い当代が、こたパパが「100年老舗飲食節約グルメ旅」の話をすると、「自分もいつかそういう旅をしてみたい」とおっしゃっていたな。最後には小太郎との記念撮影にもご協力いただいたのだ。これからも、この歴史ある美しい水晶玉の伝統を守り続けて頂きたいと感じた、こたパパである😉。


 

店名:澤の露本舗
創業:1911年(明治44年)
住所:北海道小樽市花園1-4-25
電話:0134-22-1428
営業:11:00~16:00
定休:水曜

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる