松月堂


こたパパ@全国100年老舗節約グルメ旅人です。

 

今回ご紹介するお店は、松月堂 さん。

 

JR函館本線の小樽駅前を走る国道5号線を南小樽駅方向に300mほど進み、稲穂2-18交差点を左折してすぐの道路沿い右手に、いかにも風格あるお店を構えるのが、松月堂である。それもそのはずで、この建物自体が大正時代建築で、100年以上の歴史を持たれているのだ😲。


入口左手には、小さな休憩スペースが設けられているのだ😄。


お店正面には、白と茶色のショーケースが横並びで設置されているのだ。正面右手の茶色ショーケース内には、生どら焼きや抹茶あんみつ等の現代和菓子系や、バームクーヘンやカステラ、各種パイ等の洋焼き菓子系が多いようだ😆。



正面左手の白色ショーケース内には、最中や各種お饅頭、羊羹等の伝統的和菓子系が陳列されているのだ😄。


お店の方にお薦めをお伺いしたところ、「生どら焼き」「マロンどら焼き」とのこと。んーーー。どちらにしようかな?よく考えた末、ショーケース内でもかなりの面積を有しており、歴史も古く、かの石原裕次郎さんもファンだったと言われる「マロンどら焼き(240円)」を一つ購入させて頂いたのだ😊。



切ってみた感じ。中にはこたパパ大好物のつぶあんに、栗が2粒入っているようだ。食してみると、皮は薄目でしっとり、つぶあんは少し水分量が多めで、全体的にパサ感が一切ない。どちらかというと洋菓子要素も感じる甘さ控えめの美味しいどら焼きである😋。


こたパパがお店の看板で気になっていたのが、「パヌモア」という文字である。当初こたパパはこのお店の代表銘菓かと思っていたのだが、実はフランス語で「松」と「月」を表わしているのだ😲。ずいぶんお洒落な看板だったんだなぁ😁。

 

このお店は、お菓子は全て手作りで、かつ保存料を一切使っていないそうだ。これからも伝統ある建物をできるだけ長く保存して頂きながら、頑張っていただきたいと感じた、こたパパである😉。


 

店名:松月堂
創業:1918年(大正7年)
住所:北海道小樽市稲穂1-8-13
電話:0134-32-2220
営業:9:00~18:30
定休:無休

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる